滋賀・長浜の秘湯『あねがわ温泉』天然温泉と自慢の陶板浴で極上のリラックスを堪能する日帰り旅

未分類

滋賀県と岐阜県の間にあるいくつかの山々の中に、ひときわ目立つ山「伊吹山」と呼ばれる山があります。冬になると、この辺りではどこよりも早く美しい雪化粧が見られる山で、湖北の人々から親しみ愛されるシンボル的な山で、この伊吹山から湧き出た水が田畑を潤しながら川を流れ琵琶湖へと注がれていきます。そんな川のそばにひっそりと湧き出た天然温泉を楽しむことができるのが、2010年に建てられた滋賀県の琵琶湖の東側エリアの長浜市にある日帰り温泉施設『あねがわ温泉』です。施設の内外観共に、純和風で統一された造りとなっており、小学生未満の入館ができないことから大人が楽しみ、静かな空間の中で日頃の疲れをゆっくりと癒せる極上のリラックスした時間を過ごされたい方にはピッタリな雰囲気ある日帰り温泉施設です。そんな、長浜市自慢の「あねがわ温泉」の魅力をご紹介いたします。

ゆったりとした大人の癒し『あねがわ温泉』の魅力とは?

静かな自然に囲まれた土地に、純和風な外観が魅力的な『あねがわ温泉』。美しく整えられた小さな庭園を通り抜けると、旅館を思わす建物の内装も和風のイメージに統一され、落ち着いた照明の中、とても静かな印象の温泉施設で日頃のザワザワとした忙しい毎日から解き放たれ、身も心もゆったり、ほっこりと癒すにふさわしい空間です。
春には桜、秋には紅葉、冬には雪化粧した四季折々の景色にもうっとり。

そんな、『あねがわ温泉』には、天然温泉の「岩風呂」、天然鉱石風呂の「蘇生の湯」、高濃度の「炭酸泉浴」の3つの露天風呂をはじめ、「いやしのジャグジー」そして、この『あねがわ温泉』ならではの自慢の『陶板浴』があります。今では、若者からお年寄りまで年齢を問わず「岩盤浴」が人気の温泉をよく耳にし、TVで特集をくまれていることも多いかと思いますが、『陶板浴』がある温泉は、少ないのではないでしょうか。
3種類の露天風呂と内風呂でじっくりとお湯を楽しみ、『あねがわ温泉』自慢の抗酸化「陶板浴」で発汗デトックス体験でリフレッシュしてみませんか。
尚、小学生未満のお子様は入館することができませんので、ご注意くださいね。

『あねがわ温泉』のお風呂の魅力

内風呂は、大きな窓から自然光をたっぷり取り入れ、外の景色を楽しみながらのんびりと、露天風呂は、マイナスイオンたっぷりの木々に囲まれ、流れる湯の音と竹藪の中からは小鳥のさえずりが疲れた体と心をやさしく癒してくれる自然派志向の浴場です。

不思議な効験を持つ、霊泉の露天風呂と大浴槽風呂「天然温泉生源泉」

☆泉質:ナトリウム炭酸水素塩泉
《内風呂と外風呂あり》
大きな岩でつくられた露天風呂は、ほんのりと色のついた天然温泉で、「ナトリウム炭酸水素塩泉」のお湯は肌にしっとりとなじみ、湯上り後のお肌は「つるつるスベスベ」で気持ち良く、天然温泉を堪能できる魅力の「岩風呂」です。

【こんな方におすすめ】
神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・うちみ・くじき・慢性消化器病・冷え症・病気回復・疲労回復・健康増進・切り傷・やけど など。

カラダをしっかりと温め、筋肉をほぐしてくれます。

『あねがわ温泉』独自の新方式の高濃度ナノ炭酸ガス「炭酸泉浴」

炭酸浴はカラダの皮脂腺から老廃物や不用な水分を無理なく排出して、健康に大切な新陳代謝と血流を活発にしてくれます。
《内風呂と外風呂あり》
少しぬるめの「炭酸泉浴」はじっくり、ゆっくり浸かって、炭酸の泡の力で毛穴の汚れを洗い流し、つるつる肌に。デトックス効果もアップ。

【こんな方におすすめ】
胃腸病・腰痛・肩こり・ひざ痛・関節痛・筋肉痛・神経痛・神経衰弱・脚気・便秘・婦人病予防・リウマチ・美肌効果・血行不良・顔や手足のむくみ・疲れやすい・汗をかきにくい・眠りが浅い・化粧のノリが悪い・ニキビ吹き出物・抜け毛が気になる・ストレス・生理不順 など。

【健康で長寿を望む方には炭酸泉がオススメ!】
湯に溶け込んだ炭酸ガスが体内に吸収されて、血管の拡張作用の効果で血流が増加します。
細かい気泡が毛穴に入り、発泡してハジケルパワーで老廃物を毛穴から追い出し、皮膚呼吸が活発になる。
通常の湯温である41℃以上になると炭酸ガスが気体となって抜けてしまう為、湯温はぬるめの38℃以下に設定されています。

天然鉱石風呂「蘇生の湯」

《外風呂のみ》
「蘇生の湯」と名付けられた「天然鉱石」でつくられた露天風呂は、ゲルマニウムなどの鉱石の作用がたっぷり嬉しい温泉で、溜まった日頃の疲れをスッキリ。

◎祖母聖光鉱石・ゲルマニウム鉱石・ラジウム鉱石の三大鉱石、最強のコンビから出る遠赤外線放射伝達により、深層部の細胞や組織に遠赤外線は到着し、過度の温度上昇を必要とせず、抹消細胞の活性化や毛細血管の拡張により、老廃物を体外に排出してくれます。
また、体内の水分子に遠赤外線が作用して、体内で小さなクラスターになることで血液が浄化されます。

☆注・こちらの「蘇生の湯」は妊婦の方はご利用をお控えくださいね。

【こんな方におすすめ】
美肌効果・ストレス解消・アトピー性皮膚炎の改善・血液の循環による腰痛・自律神経失調症の改善・疲労回復・肩こり・冷え症の緩和・ダイエット効果等があり、いつまでも身体のポカポカが持続します。

スピンドルジェットパワーの「いやしのジャグジー」

《内風呂のみ》

◎舟のプロペラの生み出す流水泡と同じ泡が体中に心地よい刺激を与えてくれ、激しく身体の細胞を揺さぶり、通常の運動をしたのと同じ効果を楽しむことができます。

また、館内には和・洋の休憩室やTV付リクライニングチェアー完備のラウンジ休憩室、お食事処もあります。
お風呂上がりのひと時もまた、至福の時間を存分に楽しんでください。

抗酸化「陶板浴」ってどんな効果があるの?

『あねがわ温泉』の自慢の「陶板浴」は、体温を上げ、「免疫力」「自然治癒力」を高める健康法で、汗をかくことが目的ではないようです。
「抗酸化」とは、鉄が錆びる、物が腐る、人間が老いる・・など酸化することが主な原因とされています。
体内の活性酸素が増えることで病気になったり、正常な細胞がガン化したりするといわれることから、病気を防ぐには、酸化を抑制することがとても大切で、その酸化を抑えることを「抗酸化」といいます。

イメージとしては、今 流行りの「岩盤浴」に似ていますが、抗酸化工法により施工された「陶板浴」の室内は、床温48℃前後の抗酸化タイルが敷かれ、室温は40℃~42℃、湿度20%~30%とサウナや岩盤浴のような暑苦しさはありませんので、心地よい暖かさに全身が包まれる感覚です。

【こんな方におすすめ】
便秘・関節痛・皮膚病・高血圧・高コレステロール・糖尿病・中性脂肪・アトピー性皮膚炎・腰痛・神経痛・肩こり・筋肉痛・冷え症・リウマチ・不眠症・メニエール病・膠原病・心筋梗塞・痛風・ガン・しわシミ若返りなど。

天然温泉と抗酸化「陶板浴」のダブル効果!体温を上げるとなぜ免疫力がアップするの?

免疫細胞つまり白血球は血液の中に存在し、この白血球が身体を巡ることで体内を巡回し、異物から守っています。体温が下がると血管が収縮し血行が悪くなり、白血球が集まりにくくなり、ウイルスや細菌を撃退することができずに病気を発症するそうです。
免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、1℃上がると一時的には最大5~6倍アップするといわれており体温を上げることはとても重要なのです。

抗酸化「陶板浴」の注意点と知っておきたい好転反応

温かく身も心もゆったりと、いつまでも寝転んでいたい気持ちになってしまいそうですが、「陶板浴」のおすすめ時間は守った方がいいですよ。一回あたり60分を超えての利用は、翌日に体がだるくなり逆効果です。20分しては、休憩と水分補給をはさみながらの3クールがおすすめです。

「陶板浴」による好転反応

好転反応とは、症状を治そうとする自然治癒力が働く生体反応です。
好転反応には、【弛緩反応】【過敏反応】【排泄反応】【回復反応】などがあります。
【弛緩反応】本来の機能を回復し始めると身体が緩み、爽快感で心地よくなりだるい・眠い・倦怠感などの症状が出ることがあります。【過敏反応】冬眠状態だった機能や知覚が覚醒し、便秘・下痢・痛み・腫れ・発刊などの身体の一番悪い臓器の反応が過敏に出始めます。【排泄反応】老廃物や毒素、疲労素を分解し、吹き出物・発疹・目やに・皮膚の変化・尿の色の変化などがみられます。【回復反応】血行の悪かったところが改善され、汚れた血液が一時的に回り始めた時に現れる血液の浄化作用で、血行が良くなるにつれ体調は良くなっていきます。

症状は、気付かないうちに経過する場合もありますが、このような症状が出た時は身体が回復してるんだな~、良くなる前だな~とあまり心配しないように過ごしてくださいね。

〈アクセス〉

まとめ

日帰り温泉は、家族や友人と出掛けて、ワイワイ賑やかに過ごすのも楽しいですが、心も体もぐったりお疲れモードで静かにゆったり寛ぎたい、癒されたいという時には長浜の隠れ家的『あねがわ温泉』に是非、来てみてください。
カラダも心もポカポカになって、免疫力もアップして、元気になってまた次の日からをきっと頑張れると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました