夜のお洒落スポット♡米原・真冬の夜のグランピング施設「グランエレメント」で大人のカフェタイム

2020年2月5日

2017年6月にオープンした自然豊かなグリーンパーク山東内に、滋賀県最大のグランピング施設「グランエレメント」。冬期オフシーズン中の金・土・日曜の週末3日間は、カフェとバーが利用できるナイトラウンジが楽しめると聞き、早速、足を運んでみました。宿泊客しか見ることができなかった空間を体験できる、冬だけの特別企画!伊吹山そびえる美景の地で、自然の美しさと豊かさを存分に感じながら、キラキラ光るイルミネーションに癒され、贅沢な大人の時間体験をしてみてはいかがでしょう。普段の街なかのカフェとは違った、非日常を味わいながら、自然の中を散策しながら、ゆったりとした時間を過ごす大人のわくわくカフェタイムをご紹介します。

夜になるとイルミネーションがキラキラと輝いて、日中とは全く違った姿に女子の心は躍ります。女性ってキラキラ光るものに惹かれますよね。

今、人気上昇中のグランピング施設「グランエレメント」って?

この場所は、以前はゴルフのショートコースだった為、なだらかな丘陵や木々はそのままに利用されています。くつろげるプライベート空間を絶妙に保てる距離感でテントが配置されていました。テント以外にも別荘さながらのおしゃれな「ヴィラ」や「キャビン」もあり、キャンプに来たことを忘れそうな室内にはふわふわのベッドが。どのタイプのお部屋にもウッドデッキがあり、ディナーやモーニングもここにスタンバイされるとか。素敵ですよね♡なんと、専用のカヌーも用意され異国感たっぷりの雰囲気でした。。

目の前にそびえる湖北の景色、名峰 伊吹山を眺めながらウッドデッキでのんびり自然の風や小鳥のさえずりを聞きながら、美味しい料理を楽しんだり、グループや家族で海外ドラマに出てきそうなワンランク上のお洒落なキャンプを楽しむことができるグランピング施設が「グランエレメント」です。

♡グランピングとは、「グラマラス(豪華な)」と「キャンプ」を掛け合わせた造語。ホテルのようなおもてなしを受けながら、お洒落なテントの中で素敵なインテリアに囲まれて、アウトドアを楽しむことができる、新しいキャンプスタイルです。たくさんの道具を揃えたり、食材を購入したり、「キャンプ行きたいけど、めんどくさ~い」って、今までなかなか踏み出せなかった人たちにも人気を呼んでいます。ここ以外にも、滋賀の各地にグランピング施設が今広まってきています。

【グランエレメント案内マップ】ハワイをイメージしちゃうマップの可愛さもGOOD!!

館内に入るとロビーも素敵なお洒落スポット♡

入ってすぐのロビー。「可愛い~」思わず声が出てしまいました。自然いっぱいのこの地にピッタリ、テンションも上がります。

グランエレメントのメイン棟「アルトラル」には、落ち着いた清潔感あるラグジュアリーなフロントやカフェラウンジなどが。ドリンク代の600円を支払って入館します。

さりげなくも素敵に計算されたインテリア達。それぞれに持ち場をお洒落に主張していました。フロントスタッフの方も気さくな話しやすいイメージでとても好感が持てました。

夜のグランピング施設散策にワクワクの気持ちが止まらない!!

メイン棟「アルトラル」を抜け出し、グランピングエリアへ夜の散策!!長く伸びたレッドカーペットが素敵です。広々とした空間に点在した丸いライトが可愛い。ぼんやりと光に照らされ、真っ白なテントが輝いていて、とってもロマンチックな雰囲気にもうワクワクしてきます。

色々なタイプのテント、ヴィラ、キャビンと池、照明が素敵に調和していました。日中に見た雰囲気とはまるで違っていて、もう泊っているかのようなリッチな気分になってきました(笑)

「ロータステント」

水際ぎりぎりのウッドデッキに建てたテントはユニークなスライムのような形状です。定員4名用で中にはベッドが4つ並んでいます。

レインドロップ

日本初上陸の雨粒型が可愛いレインドロップテント。テントでありながら、室内にレインシャワーとトイレも設置されているそうで快適なテントライフをおくれるそうですよ。テントの中がうっすらと・・・。テントなのに、ふかふかのベッドで眠れるなんて嬉しすぎますね。そのほかにも、テントのタイプとしては天窓のあるホワイトドームがあります。眺めの良さと開放感が魅力のテントだそうで、夜空や星を眺めながら眠りにつけます。

また、ウッドキャビンは高床式に設置された広めのウッドデッキと大きな窓からは絶景の伊吹山が望める設置。プライベートデッキからは専用のカヌーで池を回遊することもでき、まさに気分は別荘感覚の贅沢さですね。そのさらにワンランク上のコンセプトキャビンというアーティスティックなスタイルのキャビンは極上の贅沢さです。

コンセプトキャビンは高級ホテルを思い浮かべるような、置かれているものすべてがお洒落な内観でした。そして、グランエレメントで唯一の2階建てヴィラは広さも設備もさらにワンランク上で、なんとなんとジャグジーバス付です。

どのお泊り施設もぜ~んぶ素敵でした。やっぱり、「グランピングを実際に体感してみた~い。」これが今回の感想です。

居心地最高!!ゆったり大人のカフェタイム

ワクワクの散策を終えて、カフェタイムです。向かって左側の建物がバーラウンジで右側がカフェラウンジです。シーズン中の宿泊客はどちらも利用し放題だそうです。もちろん、シーズン中は宿泊者しか利用することは出来ません。

【カフェラウンジ】

天井が高くとても開放感ある空間。どこの席に座ろうかな~。テーブルも椅子も一つとして同じ席がないので思わず悩んじゃいます。で、今回私たちが選んだ席は・・・

ゆったりとした円を描いた長~いソファー。3人で座るにはゆったり過ぎる贅沢なソファーで今回、私たちはティータイムさせていただきました。テーブルは石?微妙に凹凸があるような。ドリンクをオーダーすると最初にキャンドルがやってきました。ゆったりとした落ち着いた雰囲気の中で、美味しいチャイをいただきました。ドリンクの種類もたくさんありましたよ。

ティーラウンジを出てバーラウンジの方も少しだけ覗いてみようと歩いていくと、化粧室の案内がある通路がこれまた可愛い。トイレがあること思わせない感じがいいですね。

【バーラウンジ】

そして、バーラウンジ「エレメンタルバー」へ。夜の19時よりオープンのお洒落なバーです。落ち着いた照明ながらも明るさも十分で、ここもオシャレなテーブルや椅子がまったく違ったものでありながら、きちんとまとまりをもって配置されていました。バーカウンタでーカクテルも作ってもらえます。メニューは120種類以上。シーズン中の宿泊客はグラス交換で飲み放題だそうです。

「オールインクルーシブ」という旅のスタイルをご存じですか?グランエレメントでは宿泊料金の中に食事、ドリンク、アクティビティの利用料金などがほぼ含まれている「オールインクルーシブ」という旅のスタイルを提供されていますので、滞在中に支払いを気にすることなく、のんびりと過ごすことができるそうですよ。グランエレメントから徒歩2分のところに露天風呂もある日帰り入浴施設「美肌の湯」もあり、キャンプでありながらお風呂にもゆったり入れるのもありがたいですね。

アクセス

グランエレメントの周辺施設も親子で遊べるリーズナブルなお楽しみ満載!!

子供たちが喜ぶドラゴンスライダーは、グランエレメントの入り口からすぐの山にあります。グリーンパーク山東に遊びに来ている子供達で休みの日は賑わっています。近くにアスレチック「アスレサーキット」もあります。

グリーンパーク山東の宿泊施設ログコテージ。木の匂いが心地よくコテージ専用台でバーベキューを楽しむことができます。

【キャンプサイトとバーベキュー】

複数の家族や親しい友人とプライベート空間を確保して楽しむことができる「グループキャンプサイト」、きれいな芝で楽しむワイワイキャンプと池のほとりで自然を感じる本格キャンプの2つの楽しみ方がある「フリーキャンプサイト」、専用電源や水道が完備された、車乗り入れで荷下ろしもできる「オートキャンプサイト」があります。

▼昼も夜も利用できる全20台のバーべキュー台完備のバーベキューサイト。食材だけ持ち込めばOK!!が嬉しいですね。

http://greenpark-santo.com/

【三島池】

周囲約780m、面積3万9000m²の700年ほど前に農業用水地としてつくられた池で三島神社との関係が深く昔から鳥獣や魚貝類が保護されてきました。多くの生物が生息し、様々な水鳥や野鳥が飛来します。「マガモの自然繁殖の南限地」として、県の天然記念物に指定されています。この池のカモは人懐っこく、子供達にも人気。普通なら、人が寄ると警戒して逃げてしまうカモですが、この池のカモは人が来ると寄ってきます。えさ(パン)などを持ち込んでカモとコミュニケーションをとる人たちが多く訪れています。

まとめ

豊かな自然に囲まれた滋賀・湖北のグランピング。日頃のざわついた毎日や情報からそっと抜け出し、携帯の電源もオフにして、TVも時計もそっと手放して、極上の贅沢な時間を過ごせる場所。それがグランピング施設「グランエレメント」の魅力です。今回は、宿泊施設が動いていないオフシーズンの訪問でしたが、夜のイルミネーションに照らされた「グランエレメント」もまた、幻想的で素敵でした。いつかきっと、このお洒落なアウトドアライフを気の合う仲間や家族と体験したいと強く心に思ったワクワク溢れる時間でした。