【2020年 中止】湖国長浜・ユネスコ無形文化遺産に登録!伝統ある「曳山まつり」の2020年の主な行事日程を徹底紹介!

2020年8月11日

毎年、春の訪れとともに繰り広げられる由緒ある歴史と風情溢れる、華やかな一大絵巻となる「長浜曳山まつり」が約一週間に渡って行われます。地元の小学校に通う普通の男の子たちが、約一か月の稽古を積み、この時ばかりはかわいい名役者となり熱演する子供歌舞伎が主役の「長浜曳山まつり」。受け継がれる伝統と情緒ある囃子の音色とともに街全体が賑わい、15日の本日(ほんび)にかけて徐々に盛り上がりをみせる街の雰囲気と、一週間をかけての引き継がれてきた伝統ある壮大な祭の主な行事をご紹介したいと思います。

長浜曳山まつりの歴史

「長浜曳山まつり」とは、滋賀県湖北に位置する長浜市で毎年4月に開催される、京都の祇園祭、高山市の高山祭とならんで日本三大山車祭のひとつとされる祭で、長浜が世界に誇る祭です。この長浜曳山まつりの歴史は、戦国の乱世を統一した豊臣秀吉公が長浜城主だった時代にまで遡る、奥深い長浜の文化の象徴です。この時に、現在も曳山祭りで執り行われる「太刀渡り」という行事を行い、待望の男子誕生のお祝いとして、秀吉公から砂金を与えられた町衆が、曳山を造り、秀吉公が再興した「長浜八幡宮」の祭礼で引き回したことが始まりと伝えられています。また、江戸時代中期には、狂言(歌舞伎)が演じられていたと考えられる猩々丸の本教(台本)などもあり、江戸時代から長浜の人々に受け継がれてきたことがわかります。

昭和54年 「長浜曳山まつり」重要無形民俗文化財の指定を受ける。
昭和60年  長浜に伝わる13基の曳山と曳山を収蔵する山蔵が滋賀県の有形民俗文化財に指定される。
平成28年  ユネスコ無形文化遺産に登録される。

かわいい子供歌舞伎の見どころ

長浜曳山まつりの最大の魅力と見どころは、曳山の豪華な装飾の美しさはもちろんですが、なんといっても子供歌舞伎でしょう。各曳山組の5歳から12歳の地元の小学校に通う男の子が役者となり大人顔負けの可愛くも迫力ある狂言を見事に演じます。その熱演ぶりには見物されているお客さんの拍手喝采と笑顔が溢れます。子供役者はすべて、男の子が演じています。女役の子は、指先まで見事なまでにしなやかな女性となり、男役の子は男らしく。プロの手による化粧もまた、子供たちの演技をさらに優美なものへとしています。

動く美術館との名称を持つ曳山の魅力

江戸時代中期から各山組は競って曳山を改造し、装飾に豪華な毛織物を用いるなどの贅を尽くしました。現存する曳山の多くは、その当時につくられたもので、幅約3m、奥行き約7m、高さ約7mの入母屋造。約畳4畳半の「舞台」と太夫と三味線方によって浄瑠璃が演じられる「楽屋」、囃子を行う楼閣造りの「亭(ちん)」の三つの部分からなる舞台付きの曳山です。舞台のない長刀山と12基ある曳山のうち、毎年交替で4基が出番山として出場します。囃子と人が溢れる道を絢爛豪華な曳山が通る風景は、見るものを魅了します。

見事な建築美はもちろん、朱や黒などの塗り、金箔、錺(かざり)金具などの美しさに目が奪われます。また、毛綴(けつづれ)や錦、刺繍の胴幕などによって美しく装飾され、中でも曳山の後尾に飾られた大きな「見送幕」には豪華な絵が描かれ、重要文化財に指定され、これらのあまりの美しさから動く美術館とも呼ばれています。

謎めいた芸術的な美しい見送幕

伝統と歴史を併せ持つ曳山には、よく見れば見るほどに様々な彫刻や絵を見つけることが出来ます。鳳凰山と翁山の見送幕には、16世紀の後半にベルギーで作られたタペストリーが使われています。当時、このような非常に珍しく高価だった幕は今も変わらずその美しさを保ち、町衆の美意識や活力、また財力を物語るものです。もとは一枚のタペストリーを部分ごとに切断し、曳山の大きさに合わせて仕立て直されたもの。江戸時代の職人の、技術がうかがわれるその完成度の高さもまた、曳山の見どころの一つではないでしょうか。

(左:曳山・鳳凰山飾毛綴   右:曳山・翁山飾毛綴)

また、鳳凰山の見送幕は、京都祇園祭の鶏鉾の見送幕、霰天神山前掛けとひとつながりだったと推定されているそうです。これらが、どのような経緯をたどり日本に持ち込まれたのか、そして長浜に伝来したのかは、今もなお深い謎を秘めたままだそうです。

観光客必見!!主な行事予定を徹底紹介

子供歌舞伎が演じられるのは、13日の夜の自町公演から始まり、14日、16日にも各町で披露されますが、15日の本日(ほんび)は、長濱八幡宮での奉納狂言の後、出発。「ヨイサー、ヨイサー」の掛け声としゃぎりの音色を響かせながら、豊国神社近くの普段は観光バスの乗降所となっている御旅所までの道中を一日をかけて披露されます。メイン通りは長浜商店街の大手門通りとなります。

(2020年、パンフレットより)

長浜曳山まつりの観光客や見物客が訪れる盛り上がりのメインは、子供歌舞伎が行われる4月13日から4月16日となりますが、実際は4月9日の「線香番」から始まり、4月17日の「御幣返し」までが「長浜曳山まつり」の受け継がれ続けてきた大切な行事となります。子供歌舞伎以外にも、まだまだ見ごたえある見どころ満載の主な行事を日にちを追って紹介します。

9日:線香番

9日の午前6時頃から始まる線香番は、線香で歌舞伎の時間を計る儀式となり、それぞれの自町により静かにあたためられてきた稽古の様子が、この線香番より稽古の風景が公開されます。

9~12日:裸参り

9日~12日までの夜8時頃、各曳山組の男達による「裸参り」が4日間をかけて行われます。若衆が長濱八幡宮と豊国神社に役者の健康と歌舞伎の籤(くじ)順を祈願して行われます。まだ、寒い湖北のこの時期、ふんどし姿の男たちの祭りにかける姿も見どころありです。

12日:神輿渡御(みこしとぎょ)

夕方に、長濱八幡宮から御旅所へ神輿(みこし)が出発し、15日の歌舞伎奉納が終わるまで、神輿は御旅所にとどまります。

13日:御幣迎え

羽織袴に身を包んだ男たちにより、午前7時、曳山に飾る御幣を長濱八幡宮まで迎えに行く儀式。これには、出番山の4組のほか、すべての山組が参加します。

13日:籤(くじ)取り式

出番山4基の巡行の順番を決めるための籤取りの儀式で、出番山の若い衆から選ばれた籤取り人が、午後1時に長濱八幡宮に集まり、籤を引く行事です。子供歌舞伎の公演順も重なることから、重要な籤となります。

14日:登り山

午前中に出番山のの各山組町内での歌舞伎上演の後、昼過ぎから子供役者を乗せた曳山が、13日の籤取りで決まった4番山から順に若い衆らの手によって曳かれ、長濱八幡宮の境内に入り、ここで初めて出番山の4基と役者の姿が出揃います。4基が揃ってみられるのは、14日のこの時から、15日の朝の長濱八幡宮を出発するまで、そして街なかを1日をかけて巡行してきた曳山が15日の夜の御旅所に4基が到着したときしかありません。

14日:夕渡り

午後7時になると、長濱八幡宮に華麗かつ優雅な化粧と衣装を身にまとい、子供役者をはじめ、祭りにかかわる男衆が集まり、いよいよ見物客、観光客の方を交えての祭の幕開けです。私は、子供歌舞伎の上演はもちろんですが、この「夕渡り」がかなりお気に入りです。この祭に出演するすべての役者の子達を目の前、間近に観ることができる唯一の行事が「夕渡り」なのです。私たち、見物客の目の前を行列をなし練り歩き、様々なポージングを決め、睨みをきかせ、またはしなやかに、本番さながらに演じながら曳山博物館の辻までを歩きます。思わず、「うっとり♡」のこの夕渡り、シャッターをきる手が止まりません。

15日:朝渡り

いよいよ、メインイベントの本日(ほんび)です。午前8時頃から、舞台が始まるその姿をした子ども役者が、夕渡りとは反対の順路で長濱八幡宮へと歩きます。この日の子供たちの1日はとても長く、まだ世間が寝静まる朝、眠い目をこすりながら4時前には起床し、準備が整うのは7時頃。振り付けの先生により、子供役者のお化粧から1日が始まります。

15日:太刀渡り

午前9時10分。力士に先導され、源義家ゆかりと伝わる、とても長い太刀をもつ子供武者たちの行列が長濱八幡宮に到着。後姿を見るとふんどし姿で歩く子や、鎧に身を包んだ子など、日常を忘れる不思議な空間に包まれます。

15日:子供歌舞伎

長濱八幡宮で、籤取り式にて決められたくじ順に4つの山組が歌舞伎奉納をしたのち、参道の5か所と最終の御旅所で夜8時頃までの時間をかけて、歌舞伎(狂言)の公演が行われる。まだ小さい子供役者の子にとっては後半は眠気との戦いになることも。長い長い一日を見事に、そして健気に懸命にやり抜く子供役者たちの姿に感動します。

15日:神輿還御(みこしかんぎょ)

御旅所でのすべての山組の子ども歌舞伎が終わると、囃子が鳴る中、若衆にかつがれ、神輿(みこし)が長濱八幡宮へ帰っていく。

15日:戻り山

神輿が長濱八幡宮に帰ると、長刀組を先頭に提灯の灯った美しく幻想的な曳山が、順番に御旅所を後にし各町内へと戻る。

16日:自町公演

15日の夜遅く、それぞれの町内に戻った曳山は町内の通りに。この日も数回、各山組町内で子ども歌舞伎(狂言)が公演される。この日は、自町公演とあって近所の方の姿が多く見られるが、地元の小中学生が校外学習として曳山を学ぶ姿も多く見られます。

17日:御幣返し

朝、8時に長濱八幡宮から頂いていた御幣を各山組から八幡宮へ返す儀式が行われ、一週間をかけて行われた長浜曳山祭りが終わりを告げます。

10月第二土曜日:曳山博物館・曳山交替式

この日の午前中、曳山博物館に収められていた出番山を曳き出し、午後、来年の出番山を曳山博物館へと曳き入れます。

見落としのない、子供歌舞伎の執行場所と公演時間


(2020年 パンフレットより)

アクセス

〈電車利用の場合〉
JR琵琶湖線 長浜駅下車。
〈自動車利用の場合〉
名神高速道路から北陸自動車道に入り、長浜ICへ。
車で約10分。

まとめ

一週間をかけて見どころ満載の男たちの祭「長浜曳山まつり」ですが、私のおすすめは本日前日の4月14日の子供役者を目の前で見ることが出来る、夕渡りからを是非観ていただくことをおすすめしたいと思います。また、日中の子供歌舞伎ももちろんですが、長濱八幡宮、御旅所に四基の曳山が揃う、提灯が灯る時間はとても幻想的で曳山の美しさが引き立ちます。子供たちの演ずる狂言も思わず見惚れる見ごたえいっぱいの長浜の誇りある、華やかな一大絵巻を時間の許す限り、堪能してみて下さい。